愚怜展 そして「井のいち」へ

本日をもちまして、本郷のギャラリー愚怜展を終えさせていただきました。ご来場賜りましたみなさま、またいろいろなかたちで、お言葉やお気持ちをお寄せくださいましたみなさまに、お礼申し上げます。思うままに制作し、それを十数年続けて展示させていただくということは、作り手としてこのうえない幸せです。

展示期間中、作品と過ごす時間は、思いをめぐらす良い時間でもあります。制作についてはもちろんのこと、事業としての工房のことも、愚図に妙案などはないものの、あれこれとめぐるものがあり、私にとりましてもよい非日常でありました。

そして来る21日の日曜日は、石神井氷川神社境内での「井のいち」です。こんどは地域に仲間と戻り、再会や出会いに期待を寄せています。皆様と過ごす楽しい一日となるように、笑顔でお迎えしたいと思っております。

お天気も良さそうです。朝10時から。

どうぞよろしくお願いいたします。

By | 2017-05-17T21:58:26+00:00 2017年5月17日|貴島雄太朗からのお知らせ|