ガラスの小説発見

ご縁で知ったのですが、吹きガラスを題材ににした小説を発見しました。それも現在連載中の新作です。
文藝春秋「オール読物」の6月号から掲載が始まった、香月夕花の「永遠の詩」という作品です。香月夕花は、近年新人賞を受賞した若手作家で、昨年はじめての単行本として「水に立つ人」という短編集を刊行しました。今回はじめての長編小説に挑んでいるようです。
理系のバックグラウンドがある作家で、技術的な描写は驚くほど的確で、物語の装飾性や毒気のようなものと鋭い対比を成していると思いました。
我らニッチな連中には貴重な作品です。いまも彼女が書き進めているかと思うと是非応援したいです。五木寛之の「霧のカレリア」を超える期待を寄せています。
By | 2017-07-03T23:45:26+00:00 2017年7月3日|貴島雄太朗からのお知らせ|