ブログ 2017-12-23T12:56:19+00:00

川部倫子 貴島雄太朗 二人展

6/19火曜日より6/30土曜日まで、鬼束恵司先生の目白ギャラリールヴァンにて、川部倫子さんと展示をさせていただきます。ただいま搬入を終えて来ました。 川部さんとは二十数年来の友人。吹きガラスで成型し [...]

愚怜展ありがとうございました。

10日間におよびました愚怜の展示、昨日無事に終了致しました。みなさまありがとうございました。私が思っている展示というのは、作品をお客様ご案内させていただくという社会に向けての上向きな目的に加え、楽し [...]

愚怜展

先週末に会期を終えましたグラスギャラリーカラニスでの4月展に続きまして、本郷のギャラリー愚怜での展示が始まります。 5/7月曜から5/16水曜まで 営業正午より8時(5/12土曜は6時、最終日5/16 [...]

展示のご案内

春を迎え、展示のご案内をさせてください。 青山のグラスギャラリーカラニスにて「四月展-ガラス器とミドリの風にさそはれて-」と題した、花器、テーブルウェア、アクセサリー、お茶のお道具など、季節を楽しんで [...]

column5 ガラスをけずる

作品に、切り子でなくカットでもない、「削紋」と称した研磨加工を施した作品をよく作ります。 成型時には水飴のように柔らかいガラスも、一度冷めてしまえば石ほどに固いものになってしまいます。それに加工を施そ [...]

カラニスの酒器展へ

酒器というのは、日常と非日常の境界に位置するするようなうつわです。作り手それぞれのラインナップのなかでは手にとりやすいものなので、皆取り組みます。小さな酒器でも、それぞれの思いが強く込められているもの [...]

作り手から使い手への架け橋

昨年末より工房サイト内にオンラインストアを開設しました。 サイトでは工房の活動や有り様を皆様にお伝えし、繋がりを広げようと努めておりますが、作品発表の場を展示会のみならずサイト上でもできないだろうかと [...]

グラスギャラリー カラニス ガラスの酒器展

青山は根津美術館近くにあるグラスギャラリーカラニスは、老舗のガラス専門ギャラリーです。今回、初めて拙作をお取り扱いいただく機会を得ました。 25名の作り手が集います。ガラスの器を意識した日本酒も楽しめ [...]

column4 足のながいガラス

工房に遊びにいらっしゃるお客様からよくあるご質問には、「ガラスの主原料は砂浜の白い砂なんですよ。」とご説明しています。その白い砂は珪砂と呼ばれ、工房にも在庫があるためお見せしたり、夏休みの自由研究のお [...]

column3 冬のガラス工房

今回は、ガラスと季節感について触れてみることとします。 1200度もの焔の中から生まれるガラス、その制作の現場も灼熱に曝されます。数量や寸法のかさむ仕事のときは、眼、皮膚、骨身全てが消耗するようです。 [...]

FIK5N2Y展

黒木利佳さんが主催される、知る人ぞ知る彫金ジュエリー黒木アトリエのグループ企画展のお知らせです。隔年のお楽しみに、私も参加させていただきます。 以下、さんのコメントを! 黒木アトリエは1962年に創始 [...]

「ちゃい旅」地域の町づくりイベントに協力します!

みどり豊かな練馬区でも緑の減少は危惧されており、町づくりの大きな要素となっています。我が大泉学園町は練馬区内でも有数の閑静な住宅街ですが、地域緑化が個人住宅に任されている面が多く、決して安定している状 [...]

column2 透過と反射

眼に見える万物は、すべからく可視光の反射によって捉えられていることは、よく知られていることです。透明なガラスにとってもそれは同じことで、そこにガラスが在ることは、殆どの光を通してしまう素材であっ [...]

吹きガラス体験をテレビに紹介いただきました

都内でガラス工房などをしていると、たまにメディアの取材を受けます。 いつもガラス体験をサポートしてくださっているアソビュー株式会社の紹介で、テレビ東京の「ゆうがたサテライト」という番組に取り上げていた [...]