おさら

本郷の愚怜においでいただいたお客様は覚えていてくださると思いますが、張りのあるかたちを求めて、ガラス玉から切り出したお皿。
その後も挫折しそうに続けていて、最近は大きさ23cmくらいのものまでできるようになりました。育つのに時間がかかります。。。
(ちなみに直径30cmくらいの肉厚のガラス玉を切り出します。)
久しぶりに例の紙芝居にしました。
ちょっと単調ですが、よろしかったらご覧下さい。

2017-11-20T14:24:22+09:002006年9月14日|貴島雄太朗からのお知らせ|