ニッポンの イイトコ ドリ

という一風変わったキャッチで、伝統工芸や上質な生活雑貨などを楽しく紹介する季刊誌「nid(ニド)」ってご存じですか?
まだ創刊2年ほどの若い雑誌なんですが、この雑誌不況のなかとてもがんばっている、知る人ぞ知る人気雑誌なのです。今月20日に発売される夏の第8号の記事で、私の「手」をおおきく取り上げてくださいました。
涼味を誘う夏のモチーフについて、その制作風景を取材して、さらには出来た作品を誌上またはオンラインで販売するという複合企画です。なかなか良いアイデアと思います。
編集部の担当記者さんやカメラマンさんなどみなさんが、やる気あふれる素敵な青年たちでしたので、私も個展の準備などいろいろあったのですが頑張ってお手伝いさせていただきました。
この「nid」はコンビニなどには出回らないそうですが、6/20以降、全国の書店に並ぶそうです。是非お求めいただきたいと思っています。
企画内容にかかわるこぼれ話などは、もしかしたら20日以降にエントリーするかもしれません。まずは誌面御高覧賜りますよう、お願い申し上げます。

2016-08-14T17:58:50+09:002008年6月6日|貴島雄太朗からのお知らせ|