ミキモトのウインドウ

今年、ミキモトは創業120周年を迎えます。御木本幸吉が真珠の養殖に成功したのが120年前。それまで、偶然に発見される天然真珠は極めて高価なもので、王侯貴族のような人々にしか身につけられなかったものでしたが、この成功により世界中の人々がまあるい美しい真珠を身に着けておしゃれを楽しめるようになりました。
これを記念した、銀座のミキモト本店のショーウインドウ制作をお手伝いさせていただきました。
DSC_6801.JPG
サンゴが育む命溢れる海の風景です。
昨年暮れから、師とも仰ぐアートディレクターの新保さんと極めて内容の濃い仕事をすることができました。このお手伝いをさせていただくようになって十年近くになりますが、代表的な仕事になったのではないかと思っています。多くのお客様に足をとめていただけたらと心より願っております。


1.JPG
4.JPG
6.JPG
再度展示の見直しを行い、ようやく完成しました。
DSC_7172.JPG
ちょっと不思議で優しげなフレーズが、オブジェをお客様にそっとお届けします。

2017-03-01T00:04:28+09:002013年1月25日|貴島雄太朗からのお知らせ|