ミキモトクリスマスツリー2007

今日は銀座のミキモト本店でクリスマスツリーの点灯式がありました。
6108.JPG


ガラスのオブジェ担当の作家本人は来週から始まる個展の準備のため点灯式にはいけない、ということだったので、代わりに管理人妻が行ってきました。
今年で30本目になるクリスマスツリーの下に飾られたのは、真珠をモチーフにした、ガラスの貝殻とそこから生まれた天使達。写真でもわかるように、貝殻から飛び出した天使達は、「星に願いを」の音楽とともにくるくると回ります。
今年の天使は、ひびのこづえさんがデザインをされて、打合せをしながら制作を進めてきました。私も打合せに少しお邪魔をしましたが、みなさんで楽しみながら形をつくりあげていて、どんなものが出来上がるのかとても楽しみでした。
ミキモトさんのクリスマスツリーは、冬の風物詩ということですが、毎年この時期に行われる点灯式は冬の訪れを教えてくれますね。
シンボリックなツリーと、ガラスの天使達が織りなすストーリー。ツリーだけではなくてガラスのオブジェも皆さんに見てもらえると嬉しいなと思います。

2017-03-01T00:05:21+09:002007年11月10日|貴島雄太朗からのお知らせ|