ミキモト現場確認

ミキモトのジャンボクリスマスツリー。
営業中の展示は確認していなかったので、金曜日に現場確認してきました。
さすがに銀座は人出が多く、カメラのファインダーを通しても、みゆき通りは人が途切れることがありません。
4200.JPG


みんな無視して通り過ぎるはずはなく、
4206.JPG
人形の表情に声をあげて楽しんでいらっしゃるひとや、携帯カメラでぱちぱちしているひとがたくさんいました。時間によっては、三脚に中判で撮影するひともいるらしく、今年も注目のスポットになっているようです。
この風景を見ると、一ヶ月にわたる制作の苦労も報われます。
あまり周知されていないのですが、お人形の前に赤いおおきな筒があります。よくみるとその近くに世界の12ヶ国のことばで書かれた「大好き」という文字。王様の耳はロバの耳ではありませんが、赤い筒におおきな声で「ダイスキ!」と言うと、お人形のほっぺが赤く照れくさります。これがなんともかわいい。
実はこの「大好き」という台詞は、私が思いついて採用されました。誰でも思いつきそうな、早いもの勝ちと言うなかれ。ガラス以外の部分でもプロジェクトに貢献できて、本人は大変満足しているのです。。。

2017-03-01T00:05:27+09:002006年11月19日|貴島雄太朗からのお知らせ|