年末年始は坩堝交換

みなさま 本年もお引き立てありがとうございました。
工房は、暮れに火を落とし坩堝交換工事を終え、ただ今坩堝の焼き締め中です。
この炉は炉内の温度差が激しく、そのうえ大きさギリギリの坩堝を使うものですから、
焼き締めを失敗してしまうことがあります。
慎重に慎重を期して、、、、うまくいきますように。
NXimg_01.JPG

2017-03-01T00:04:21+09:002015年12月31日|貴島雄太朗からのお知らせ|