搬入完了

昨晩、懐石茶房色葉さんに搬入してきた。
よくある話ではあるが、作品は展示場所に並べると、良くも悪くも化ける。
特にこういった工芸品は、絵画彫刻などと違って、まわりの雰囲気と協調しながらあるものなので、展示場所から受ける影響はとても大きい。
会場で、それまで見えてなかったものが見えたりするので、意外な発見もある。


今回は、この作品が意外賞。
2944.JPG
シルバーのスペースによく映える。自宅ではいい感じで気に入っていたシリーズだが、ギャラリーやデパートの店頭だと、あまり眼をひかないのか人気がない。
でも、こちらでは大変いい。ようやく正式デビューした気分だ。
自宅での様子を考えると、シルバーだからいいというわけでもないようだし、不思議なものだ。
今回は、いろいろなシリーズを展示するので、あまり全体としてのまとまりがないのだが、こんなのが面白いかなとか、自分の好みを探すような楽しさはあると思う。
良く言えば、個展なんだけど、グループ展の楽しさもある、といった感じだろうか。

2017-03-01T00:05:33+09:002006年5月9日|貴島雄太朗からのお知らせ|