映画「さくらん」観てきました

前出の金魚鉢、どんなふうに扱われているか期待と不安の混ざるなか、昨日から公開の映画「さくらん」を家族で観てきました。金魚鉢はなかなか登場して来なかったのですが、作品後半からアップも含めて頻繁に出演。
大変うまく撮影されていて、宙吹きガラス独特のぬるっとした質感まで見え、さすがプロの仕事に感心。満足の映像美でした。
金魚鉢を大切に扱ってもらえて安心してから、ようやくゆっくり映画を楽しむことができました。母や妻は、助演の夏木マリの迫力を絶賛していました。
この映画、あまり多くの映画館にかかっていないのが少し残念ですが、面白い作品です。機会がありましたら、是非見て下さい。
何十年ぶりのことか、記念に映画のパンフレットも買ってしまいました・・・

2018-10-22T16:17:37+09:002007年2月25日|貴島雄太朗からのお知らせ|