削紋ビアグラス

¥14,000

在庫切れ

軽さと静謐さを求めて制作しました。
研磨を造形として捉えた今までの作品と比して、設置面に対して底が丸く回り込まず、すくっと立ち上がり、飲み口まで一気に走るフォルムに特徴があります。吹いた素直なかたちに研磨で底面を削り込み造形、全面にはbattutoという打刻紋を施しています。

品のあるすりガラス調の仕上げは、飲み物の色と温度をやわらかく表現してくれます。この作品のbattutoは大振りです。指のひとつひとつにおさまりがあり、それぞれにフィット感が生まれます。

Φ71.5×116

在庫切れ

商品コード: KSB2002 商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

Brand

貴島雄太朗

練馬区大泉学園町にあるガラス工房「青樹舎硝子工房」を主宰。 グラス、うつわ、花器、オブジェなどの作品制作から、商業ウィンドウディスプレイ、楯、トロフィーなどの受注制作まで幅広く制作活動を行う。 1992年より吹きガラスを始め、Pilchuck Glass SchoolではLino Tagliapietra氏及びRudy Gritch氏によりbest studentにノミネートされるなど、ベネチアングラスの技術を日本で早期に習得している。 工房設立以来、ガラス教室指導を続けながら、毎年個展などを通じて作家としての新作を発表している。